空を見上げて

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by たまこ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

出産レポ(長文です)

もうだいぶ忘れかけていますが、手帳に書いた覚書をもとに出産レポをアップしたいと思います。
これからご出産されるかたの、少しでも参考になれば幸いです。
(痛かったこととかも書いてありますので、不安になりそうな方はスルーしてくださいね)

      

2009年1月15日 【39w0d】(予定日のちょうど一週間前)

AM2:00すぎ 寝付けなくて布団の中で「たまごクラブ」を読んでいたら、生理痛のような鈍痛が。
間隔は10分、20分、15分。。と不規則だが痛みは続く。
まさか陣痛とは思わず、「これが噂の前駆陣痛かな!?」とドキドキ。

AM4:00すぎ トイレに行くと、おしるしが!!
鮮血が少量、ポタポタと落ちる。
「おしるし、キターーー!!」と思わずダンナを起こす。
おしるしがあってもすぐに産まれるとは限らないが。。うちの母はおしるしがあったその日に出産したと聞いていたので焦る。
痛みも続いていたので(このとき7~8分から10分間隔)、産院にTEL。
来院してもいいが、初産は時間がかかるのでもう少し様子をみようということに。
その後も痛みは続くが、生理痛くらいなのでまだ余裕あり。

AM9:00すぎ 7~8分感覚で痛みがきているので産院へTEL。
この頃ようやく陣痛だ!と確信。
入院準備をし、ダンナと産院へ。
内診では子宮口2cm開大。
しかし。。NSTをつけてみたら、陣痛が微弱のため一旦帰宅したほうがいい=家でリラックスしたほうがお産が早くすすむと促され。。結局、帰宅。
(後で聞いた話では、このときLDR【陣痛・分娩・回復室】がいっぱいだったらしい)

帰宅後は、(夜中一睡もしていないので)陣痛の合間にウトウトしながら痛みに耐える。
体力つけなきゃ!とお昼ご飯もしっかり食べる。
入院に備えて、排便(産院では剃毛や浣腸はしないと聞いていたので)、入浴も済ます。

15:00すぎ 痛みが強くなり、ダンナとともに再び産院へ。
子宮口3cm開大。
すぐLDRへ入院となる。
間接照明にソフロロジーのBGM。。病室って感じじゃなくて落ち着く。
ピンクの分娩着に着替えて紙おむつのようなものを履いて。。いよいよ!?と思うが実感わかず。
初産はまだまだかかるよ~と言われていたので、2~3日中に産まれるかなぁ。。などと思っていた。

NSTをつけられ、ベッドに横向きに寝て、定期的に襲ってくる痛みに耐える。
ダンナに腰をさすってもらうと少し楽に。
が、NSTの数値に一喜一憂する私を見て、先生が一旦NSTを外すよう指示。
もっとリラックスするようにとのこと。
昔から出産への恐怖心が強く、このときすでにかなりビビっていたたまこ。
先生に「耐えられなくなったら、麻酔してほしいです。。」とお願いする。
(ここの産院はソフロロジーの自然分娩が基本方針だが、希望により無痛分娩も選択できる)
「いいよ~でもまだちょっと早いね」と先生。
通常、子宮口が4cm開いたら麻酔を打ってくれるらしいので、それまでがんばろう!と心に決める。

しばらく(多分1~2時間くらい)すると陣痛がかなり強く、間隔も短くなる。
助産師さんを呼んで子宮口を診てもらうと。。すでに7~8cm開いているとのこと!!
毎日の散歩のおかげか、愛飲していたラズベリーリーフティーのおかげか、はたまた三陰交へのお灸のおかげか。。ここまでは意外とすすむのが早かったらしい。

が、陣痛がくるとかなり苦しい。
先生に「麻酔してください。。」と懇願するが、「してもいいけど、ここまできたら今から麻酔すると長引くよ」と言われ、助産師さんにも「この様子なら麻酔しているうちに頭がでてくるよ」と言われ。。
えーーーっ!と思いながらも「じゃあ。。がんばります。。」と答えてしまう。

しかし、ここからが長かった!

陣痛は痛いというよりも苦しかった。。
例えるなら、生理痛の何十倍の痛み。
腰と足の付け根が砕けそう!
そして陣痛がくると、中からまさに大きなウンコさんが出てきそうに!(これが「いきみたい」という感じか!と思う)
なのに、出したらダメと言われる。
ウンコさんならある程度は我慢できるけれど、自分の意志とは関係なく中からグイグイ押される。
これを我慢するのが一番辛かった。
陣痛がくる度に、ひたすら呼吸法(口をすぼめてフーっと細く長く吐く)で逃す。
ダンナには指でギューっと腰を押してもらい、助産師さんにはグーで肛門を押してもらう。。これで痛みといきみ感がだいぶ緩和された。
用意していたゴルフボールなどは使用する余裕なし。
持参した抱き枕はしがみつくのに役に立った。
陣痛と陣痛の合間は普通に話ができるくらいなので、できるだけリラックスして体力を温存する。

たしかこのあたりでまた先生が登場。(基本的に介助は助産師さんのみ。先生は要所要所しか現れない)
オマタの間に器具を入れて、人工的に破水させられる。(無痛)
「破水しないとお産すすまないからね~」と先生。
オマタの間から、生温かい水がドバーっと流れる感触。

子宮口は9cm開いてから、なかなか全開にならない。
助産師さんと先生の「9cmです」「まだ8か9だよ」の会話。
ただ、最初は痛かった内診も、子宮口が開くにつれやわらかくなるのか痛くない。
むしろグリグリされるのが気持ちいいくらい。

この頃、陣痛が最高潮に苦しくなる。
声を出すと余計に苦しくなりそうなのでほとんど声を出さずにいた私。
だが、「痛いー。。」「出るーっ。。」と思わず声が漏れる。
陣痛がくると、なにかにつかまっていないとおかしくなりそうだった。
フーフー言いながら、必死でダンナにしがみつく。

そうこうしている間に「お産の準備しますね~」と、助産師さんが一人でテキパキと準備をすすめる。
多分このとき、子宮口全開。
時刻は18:55。

が、その間にも激しい陣痛の波が!
腰は砕けそうだし、足はすっぽぬけそうだし、オマタからは何か出てきそうー!!
助産師さんに(肛門を)「押してくださいー!!」と懇願するも、「お産の準備ができないからダンナさん
やって!」とふられる。
ダンナは腰や肛門を押してくれたり、お茶を飲ませてくれたり、汗をふいてくれたり、リップを塗ってくれたり。。とフル回転。

もう無理。。と思った痛みを数回逃した頃、ようやく助産師さんに「いきむ練習してみようか」と言われる。
その一言が神の声に聞こえた。
「二回深呼吸をして、息を吸ってとめて、大きいウンコをするようにいきむ!」と言われるが、むつかしい。。
でも、深呼吸はしんどいけど、いきんでる間はいきみを我慢するのよりはるかに楽!しんどくない!

そして、仰向けになり足袋をつけられ、いわゆるいきみ体制に。
あぁ。。ついにこの時が。。とかなりビビる。

ベッドはそのまま分娩台に早変わり。
といっても、少し体を起こして、足は固定されたりはせず開くだけ。
手元のレバーをにぎり、陣痛の波にのせていきんでみる。

よく「3回いきんだら産まれました」とか「分娩台に上がって15分で産まれました」なんていう体験談を読んでいたので、この時はもうすぐだ~と思っていた。

が、甘かった。

陣痛がくるたびに、深呼吸をし、思い切りいきむ。
助産師さんが両手で会陰をグイーっと開いて伸ばしているのがわかる。(あわわわわ。。)
この助産師さん、ぱっと見20代の普通のお姉さんなのに。。助産師さんってすごい。。
それを何度も繰り返す。
しかし、変化なし。

何度も何度もいきんでいるうちに、だんだん意識がもうろうとしてくる。
いつのまにか、鼻に酸素のチューブがつけられ、腕には何かあったときのための点滴の管を入れられる。
心なしか、助産師さんにも疲労の色が。。

また先生登場。
先生と助産師さんの会話が聞こえる。
「全開何時?」「18:55です。」「遅いね~」「微弱なのと、ちょっと硬い。。」

「たまこさん、顔でいきんじゃダメ!体丸めておへそ見て、大きいウンコするようにして!」と先生。
それでもなかなか赤ちゃんは下りてこない。
体制を変えてみようということになり、レバーじゃなくて、体を起こして自分の両手で開いた両足を持つように言われる。
が、無理ー!
ダンナが横から私の首を支え、開いた右足をがっしりつかみ、いつのまにか登場した看護師さんが左足をつかむ。

それからどれくらいいきんだのか。。
こんなにがんばっているのに産まれてこないなんて、私のいきみ方がよっぽど下手なんだ。。ともうろうとした意識の中で凹む。
(後で聞いた話では、いきみ体制に入ってからの陣痛が微弱になってしまい、時間がかかったとのこと)

すると、「もう髪の毛見えてるよ~」との声が!!
「もっと足開いて!赤ちゃん出てこれないよ!」と言われ、最後の力を振り絞る。

このあたりで先生登場。
やっと来てくれた~とホッとする。
「たまこさん、少し切るよ~」と先生。
妊娠中は会陰切開なんてゼッタイ嫌だ~と思っていたが、このときばかりは早く切ってくれ~!!と思う。
しかし「麻酔してください!」と先生に言えるくらい、意外と冷静な私(笑)
そして、いつの間にか切開。(無痛!全くわからなかった!)

それからすぐ、頭の先っちょが出てきたらしい。
が!頭が途中まで出たところで陣痛が止まってしまい、はさまったままに!!
痛いという感覚はあまりないが、ものすごい「はさまり感」が!!
このまま次の陣痛を待つ。。

おなかの上に紙が敷かれ、看護師さんに胸のボタンを外され。。周囲がバタバタとする。

次の陣痛でいきむと「もういきまなくていいよ!」と言われる。
そして、まもなく。。

ズルズル ニュルーン ジャー

20:23 何かが出てくる生温かい感触とともに我が子が誕生!!
「男の子ですよ~!」
開いた足の間から、黒紫色でフガフガと苦しそうに泣いている赤ちゃんが見える!
わぁ!本当に人間がでてきたぁ!
私は思わず「あぁぁーーーっ」と叫んでいた。(らしい)
それまでの陣痛が嘘のように、この瞬間はすごくスッキリ、気持ちよかった。
細い管で羊水を吸引されると、赤ちゃんはすぐにホンギャアアアーと大きな声で泣いた。

へその緒の処置などをしてすぐに私の胸の上に赤ちゃんが乗せられる。
泣きながらフニフニと動く赤ちゃん。
「かわいい。。」
あったかくてやわらかい。
「がんばったね、元気に産まれてくれてありがとうね」と声をかけた。
さっきまでこの子がおなかの中に入っていたんだ~と思うと、すごく不思議で、嬉しくて、いとおしい。
本当に私が産んだんだ。。無事に産まれてよかった。。本当にかわいいなぁ。。という思いですごく幸せだった。
その間も赤ちゃんはずっと大きな声で泣いていた。

横にいたダンナが「ありがとう」と頭をナデナデしてくれた。
私も「ありがとう」と言った。
ダンナがずっとついていてくれて、いっぱいサポートしてくれて、本当に心強かった。
陣痛もグイグイ押される感じも、赤ちゃんが一所懸命出ようとしていた痛みだったんだなぁって思ったら、3人で共同作業をやり遂げたんだ!って思う。

その後、ニュルンとした感覚とともに胎盤がでてきた。
見せてもらってびっくり!
胎盤は思った以上に大きかった。
卵膜やへその緒が残っていて、「この中に赤ちゃんがいたんですよ~」と説明してもらう。

そして、赤ちゃんは計測のため連れていかれ、私は会陰の縫合。
チクチクっと痛いけど、気分が高揚しているので全然我慢できる。
「アイタタタ」と言いつつ、隣の部屋で計測されている赤ちゃんを見て気をまぎらわす。

「51cm、3051gです」と計測結果を看護師さんが教えてくれる。
予定日より早かったわりには、ちょうどいい?大きさかな。
産着を着て、帽子をかぶった赤ちゃんが隣に来る。
ようやく泣き止んだ我が子。
腕枕をしながら、本当にかわいいなぁ。。この子のためなら何でもできそう。。という気持ちになる。
ダンナもすごく嬉しそうだった。

あんなに怯えていた出産だったけれども、終わってみればすごく感動的だった。
はじめに陣痛を感じてからは18時間くらいかかっているが、母子手帳に記載された分娩所要時間は5時間28分とのこと。
実際本当に苦しかったのもそれくらいだし、出血も少なかったので、初産にしては安産だったのかな。

この後しばらくLDRで安静。
その間とっておいてくれた夕食をいただく。(完食)
2時間後には助産師さんの指示で部屋内のトイレへ行くことに。
足がガクガクで言うことをきかない!
まずベッドから降りるのに一苦労。
助産師さんとダンナに支えられ、点滴のついている棒を握り締め、なんとか移動。
排尿は、傷がしみるかなぁ。。とドキドキしたが、意外と大丈夫だった。
それよりも肛門にものすごい違和感が。
でも痔にはなっていなかった。ホッ。。

落ち着いた頃、ダンナから実家の父母と義父母に連絡してもらう。
突然の出産だったので、みな驚いていたそう。
近くに住む義母はすぐに駆けつけてくれた。
赤ちゃんを抱っこしてもらう。
すごく喜んでくれて、私も嬉しかった。
ダンナが、いつか自分の母親にこどもを抱かせてやりたかったんだ。。とこっそり教えてくれた。
夢を叶えてあげられてよかった。

ここは基本的に母子同室が原則だが、この日はとてもお世話ができそうにないので、赤ちゃんは一日預かってもらうことに。

23:00頃 病室へ。
元気なら歩いて行くらしいが、足がガクガクで動かないので車椅子で移動。
そしてダンナは帰宅。
一人ベッドに横になる。(久しぶりの仰向けを満喫。。でも寝返りがうてない!)
前の日は陣痛で一睡もしていない。。にもかかわらず、テンションが上がってしまっていて、結局この日も眠れなかった。
一晩中、デジカメで撮った赤ちゃんの写真や動画を何度も見ながら、これが私の赤ちゃんなんだぁ。。本当にお母さんになったんだぁ。。と幸せな気持ちに浸っていた。

。。コツブ、産まれてきてくれてありがとうね。。

      

以上、出産レポでした!

我が子はかわいいって言うけれど、この世にこんなにいとおしく思えるものがあったのか!と自分でも驚くくらいです。
今は生後1ヶ月半ほどになり、毎日すくすくと成長してくれています。
これからもどうか健やかに育ちますように。。と願わずにはいられません。

カズ
コツブ改め「カズ」です。
よろしくおねがいします。
(生後27日目)


無事に元気な赤ちゃんに出会えたこと。。
これまで支えてくれたたくさんの方に、そして幸せを運んでくれた赤ちゃんに、本当に感謝しています。
ありがとうございました。

これから出産される方がどうか安産でありますように。
そしてベビ待ちの方に素敵なことが起こりますように。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

スポンサーサイト
by たまこ  at 15:31 |  出産 |  comment (22)  |  trackback (1)  |  page top ↑

うまれました!!

しばらくブログを放置してしまい、申し訳ありませんでした

いただいたコメントにもお返事できていなくて。。すみません

後ほどゆっくりお返事書かせてくださいね



ご報告です。

予定日より一週間早く、1月15日 午後8時23分 3051gの元気な男の子が誕生しました!!

コツブ


出産は想像以上に大変でしたが、とっても感動的でした!!

無事に元気に生まれてきてくれた我が子はこの上なくいとおしく。。今 本当に幸せです。

応援してくださったたくさんの方々に感謝しています。。ありがとうございました

とり急ぎ、ご報告でした

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ

by たまこ  at 22:27 |  妊娠3~10ヶ月 |  comment (10)  |  trackback (1)  |  page top ↑

妊娠周期・まとめ

もうだいぶ日にちが経ってしまいましたが。。
ベビ待ちの時にすごく参考になったので、私も妊娠周期にしていたこと等をまとめておきたいと思います。

【身体面】

 ☆AIHの前にもタイミングをとった
 通販の海外製排卵検査薬(たまこが購入していたのはコチラ)を使用して排卵日を予測。
 「排卵日の2~4日前に仲良しをすると良い」という福さん式も意識していました。

 ちなみに、こんな感じ。。

 D1   生理
 D2   ↓
 D3   ↓ 
 D4   ↓
 D5   ↓
 D6
 D7
 D8   仲良し
 D9    
 D10  仲良し(排検で朝は陰性・夜は陽性/伸びオリ有)
 D11
 D12  AIH(9:30AM)

 ※D11の夕方にあった卵胞がD12の朝(AIHの時)にはなかったので、排卵はその間でした!

 ☆漢方薬を飲み始めた周期だった
 内膜が厚くなったりしていたので、効果があったのかも? 

 ☆前周期、卵管造影検査をしてもらった
 これをやったらすぐ妊娠した!というブロ友さんが数人いたので、やはりこれも効果あり?

 ☆仲良し後、「秘伝のポーズ」をした
 ブロ友さんに教えてもらったのですが、子宮後屈の人は仲良し後にこのポーズをするといいらしいです。
 
 図解すると。。  _〇/ ̄l_  こんな感じ?(猫がおしりを突き上げてのびをする時みたいな感じ)
 仲良し後、このポーズのまま爆睡するたまこを見て、ダンナは引いていましたが。。

 ☆AIHの時のダンナの精子くんの数値がわりと良かった
  これも大きいかも?ダンナ、ありがとう!!
 
【メンタル面】

 ☆パートを辞めた直後のAIH&高温期だった
  気持ち的にかなりの開放感が。
 
 ☆AIH直後、実家へ帰省
  ここでも心身ともにかなりリラックス。
  母に治療のことを打ち明けた際、「ゆっくりでいいよ」と言われたことで、気分的にもすごく楽に。
  次周期はIVFの予定だったが、しばらく延期しようかな~と思い始めた。
  
 ☆自分の妊娠力を信じた
  その時、母に「たまこは健康体だからきっとそのうちできると思うよ!」と言ってもらって。。
  それまでは漠然と「私はできにくいんだ」って思っていたけれど、「そっか!私はできるんだ!」と
  思い込むようにした。
  というか、母の一言で不思議と自信がついて、そう思えるようになった。
  母に感謝。。

【願掛け・その他】

 ☆神社にて
 いろんなところで願掛けはしていたけれど、自宅近くの神社に安産・子授けの薬師如来像を発見! 
 (神社だけどなぜか仏様)
 ワンコの散歩に行くたびに立ち寄って、ダンナと二人でお参りした。

 ☆占い
 赤☆ネットの占いで、「5月下旬に初期の治療で授かります」とあったのでちょっと信じていた。
 そしてなんとその通りに!

 ☆トイプードルのポロンちゃん
 帰省中、ドックランにワンコを連れて行った時。
 ベンチに座っていたら、見知らぬ黒いトイプードルが私の膝の上に乗ってきて、なかなか離れようとしない。。30分くらいず~っと抱っこしていた。
 後で聞いたら、そのトイプードルは妊娠中とのこと!
 あのコが連れてきてくれたのかなぁ。。なんて

【妊娠初期症状】

 ☆胸のハリ(D24~)
 
 ☆生理前のような下腹部痛(D26~)
 
 ☆熱っぽくだるい(D26~)
 
 ☆めまい(D29~)
 
 ☆吐き気(D32~)
 
 下腹部痛と胸のハリはまさに生理前のソレでした。
 ただ、すごく熱っぽくなって。
 風邪の初期症状に似ているけれど咽喉は痛くない。
 もしや。。と思ってD28に検査薬をして陽性判明!
  
 
。。と、あまり参考にはならないかもしれないですが、思いつくままに書いてみました。


妊娠するために、いろいろ試してみたけれど。。

私的には、実家で心身ともにすごくリラックスできたのが一番よかったのかなぁ。。なんて思っています。

リラックスしすぎて、普段の高温期は控えていたコーヒーやビールなんかもがぶがぶ飲んでいたし、それまで欠かさずに飲んでいた葉酸サプリも持っていくのを忘れていた
靴下も履かないでうろうろしたり、自転車にもガンガン乗っていた
あっ、着床期?にはゴルフで走り回っていたっけ

6回目のAIHということもあって、それほど期待しすぎず自然体でいられたのもよかったのかな。。


次回からは、妊娠判明後のことを振り返りたいと思います


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ


by たまこ  at 15:18 |  赤ちゃん待ち |  comment (24)  |  trackback (1)  |  page top ↑

ブログ再開します

20w1d
*****

みなさま、大変ご無沙汰しております。

気が付けば、ブログを3ヶ月も放置してしまいました

その間、ご心配をいただいた方々、本当に本当にスミマセン。。

ここにくるまでに、つわりや度々の出血(切迫流産)で寝込んでしまったり。。といろいろあって、
しばらくはPCから離れた生活をしておりました。

今現在は無事妊娠6ヶ月に入り、経過は順調とのことです。

体調もだいぶ落ち着いたので、ようやくブログを再開しようかな~と思っています。

正直まだ不安もありますが、コツブ(胎児名です)が無事に生まれてきてくれることを願って。。

今後は妊婦生活の記録が中心のブログになりますが、ご興味がある方は遊びにいらしてくださいネ

かなりマイペースな更新になるかと思いますが、今後ともどうぞよろしくお願いします



☆☆☆なお、コメント欄は承認制にさせていただきました☆☆☆



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊から妊娠へ
by たまこ  at 13:58 |  妊娠3~10ヶ月 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

心拍確認&クリニック卒業(エコー画像あります)

D47(高温期36日目→7w0d)
今日の体温 36.75
今日の体重 未計測
今日のご飯 朝 ごはん、だし巻き、具沢山おみそ汁
        昼 きつねうどん
**********************

あれから約一週間。。

出血(茶オリ)は出たり止まったり。。

そしてつわりなのか一日中気持ちが悪く、吐き気もひどくなってきて、家事や犬の世話もままならず。。

ご好意に甘えて、近所にあるダンナの実家でお世話になることに。(ダンナもワンコも)

ご飯とお風呂以外はずっと横になり安静にしていました。

そして今日、心拍確認のためクリニックへ。

朝10時の予約だったので、「満員電車じゃ大変だろう。。」と義父が車で送ってくれたのですが、予想以上に道がすいていて一時間も早く着いてしまいました。

なので、とりあえず待合でゆっくり待たせてもらおう。。と思ったら、すぐ内診室へ呼ばれました。

急にドキドキ。。でも、きっと大丈夫!って信じていました。

カーテンの向こうはS先生。

プローブを挿入すると。。

胎のうが前回よりさらに大きくなったのが肉眼でもわかりました。

中にある胎芽、卵黄のうもはっきりわかりました。

そして、先生が画像をズーム。。すると。。

胎芽の真ん中へんが、ピクッピクッって動いていて。。

言葉にできないほど感動!!

コツブ。。元気に動いてる。。

「たまこさん、わかりますか?」

「ハイ!わかります!!」

「では、後でご説明します。」

そして、面談へ。

「たまこさん、あれからまた出血があったようですが。。赤ちゃんは順調ですよ!
今日で卒業です!おめでとうございます!」


「えーっ!もう卒業ですか!?」

「ハイ。心拍も確認できましたし、赤ちゃんの大きさも9ミリとちょうどこの時期の基準値ですし、問題ないですよ。」

そして、エコー写真、検査結果用紙などをいただき、まだ聞いていなかったホルモン負荷試験の検査結果の説明がありました。
(この検査で高プロラクチン気味だということが判明していたが、妊娠したので問題なし。。ということでした。)

出血は、流産の兆候ではあるが、今はおさまっているので、おそらく問題なし。
たまこさんの場合は止血剤も必要ないでしょう。。とのことでした。

最後にS先生が

「今までくじけずによくがんばってきましたね!お見事でした!!」

と言ってくださって。。

ここまでこれたのは先生のおかげなのに。。と、胸を打たれました

そして先生が右手を出してくれて、硬い握手を!

「先生のおかげです!!本当にありがとうございました!!」

深く頭を下げてお礼。

このクリニックに転院して、S先生のような素敵な先生に出会えて、本当によかったです。。感謝。

~余談ですが~
「先生、まだ先の話ですが。。無事に生まれて二人目がほしくなったら、また来てもいいですか!?
でも、先生その頃ここにはいないですか!?」

って聞いたら、
「そのときはぜひ来てください。多分、いると思いますよ。」
「でも先生、独立とかされるんじゃないですか!?」
「いや~どうかな~ハハハ
と、はぐらかされました☆

最後に、看護師さんからの説明と、紹介状・クリニックからの手紙・アンケート等を渡され終了。

「がんばってください!」って言っていただいて、またホロっときてしまいました。。

このクリニックとも今日でお別れかぁ。。と思ったら少し寂しいような不思議な気持ちに

でも、思い切って転院して3ヶ月。

まさかこんなに早く卒業できるなんて。。とてもありがたいことだなぁと思います。

不妊期間は20代後半からですが、病院での不妊治療は一年ちょっと。

もっともっと長い期間、治療している方からみたら、たったの一年。。って思われると思います。

それでも、先の見えない治療はやはり長く、そして辛いときもありました。

ただ、転院先では先生・スタッフにも恵まれ、毎回クリニックに行くのが楽しみにもなり。

そして、ブログを始めたことによって、仲間ができ、悩みを相談しあったり励ましあったり、時には治療の情報交換をしたり。。

できることは楽しみながら治療をすすめられたと思います。

それもみなさまのおかげ!

。。本当に感謝しています、ありがとうございます。。


私もまだまだ不安はあります。

今回、出血が続いたときも「もし何かあったら。。」って思うとやりきれなくて、最初は泣いて過ごしていました。

そのときに、出産した友達から
「生まれてくるまではずっと不安だったよ!だからその不安を乗り越えて出産した母は強いのよ!」
って言われて。

今までは、妊娠することがただただうらやましくて。。

その友達に対しても、簡単に妊娠して子ども生めていいなぁ。。なんて思っていたけれど、
「みんな、この不安を乗り越えてきたんだ!」って思ったら、やっぱり自分が同じ立場に立たなきゃわからないことってあるんだなぁ。。と反省

「私も強い母にならなくては。。!」と思いました。

これからが新たなスタートだと思って、またがんばりますネ

そして、一人でも多くの方にどうか素敵なことが起こりますように。。

心からお祈りしています。


応援ありがとうございます。
無事にクリニックを卒業できたので、今日でこのカテゴリーから移動したいと思います。
移動後になってしまいますが「妊娠周期に取り入れたこと」などもアップしたいと思いますので、
またよかったら遊びにきてください。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ


そして、このブログは私自身の治療の記録でもあるので、今日のエコー写真を掲載させていただいています。
ご理解いただける方は、「続きを読む」からご覧ください。

続きを読む »

by たまこ  at 21:01 |  妊娠2ヶ月 |  comment (33)  |  trackback (0)  |  page top ↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。